失敗しない避妊法

避妊薬によって下がった免疫力は酒でカバーする

避妊薬は人為的にホルモンバランスを変えることなので、体に不調が出ることがあります。その一つが免疫力の低下です。一般的な避妊薬には女性ホルモンのプロゲステロンが配合されていまsが、プロゲストゼンだけを配合したものを服用すると、月経周期が乱れたり子宮外妊娠などの副作用が現れることがあります。また免疫系に悪影響を与える可能性があり、抗体抗原反応が鈍くなります。よって乳がんや子宮がんなどガン細胞を攻撃する力が低下するので、予防や治療が避妊薬を服用しない人と比べて困難になることがあります。花粉症や喘息といったアレルギー症状も出やすくなり、膀胱炎やカンジダ膣炎は避妊薬を服用すると悪化します。しかし免疫力は普段の生活にも影響を受けています。睡眠をしっかりとらなければ免疫力は低下します。避妊薬で免疫力に不安があっても、他の習慣で補うことができれば大きな病気にかかるリスクが軽減されます。そこで酒を飲むのがおすすめです。ただし大量にアルコールを摂取すると、ナチュラルキラー細胞がガン細胞を攻撃して腫瘍化することを防げません。アルコールは肝臓で分解されるとアセトアルデヒドという物質になりますが、これは人の遺伝子を傷付けることが分かっています。遺伝子がダメージを受けるとガン細胞になりやすいので、アセトアルデヒドを増やしすぎないのが良いです。悪酔いをすると交感神経が活性化して免疫力を低下させます。アルコールが副交感神経を優位にしてリラックスさせるのは1時間~2時間なので、ほろ酔いで飲酒をやめると心地よい気分になります。ストレスは免疫力の大敵なので、お酒を適量飲むことで解消します。さらにお酒は善玉菌コレステロールを増やす効果まであります。