• 原発性胆汁性肝硬変の予防と避妊薬の服用

    2016年8月19日

    難病とされている病気のひとつに原発性胆汁性肝硬変があります。中年以降の女性に多い病気で、肝臓内の細い胆管が壊れるために胆汁の流れが滞り、これが原因で肝硬変を引き起こします。黄疸や皮膚のかゆみなどの症状が現れ、進行すると腹水や浮腫が見られるようになります。また骨粗しょう症や脂質異常症を併発することもあ...

    記事の続きを読む